---- スポンサードリンク ----

日本のチロルの下栗の里へ

 日帰り旅行として今回は下栗の里とかぐらの湯に行くことにしました。

 

 ルートは中央道のルートと153号線から平谷村経由を考えたのですが、土岐ジャンクションが当日は渋滞していませんでしたので飯田インターを利用するルートで下栗の里へ向かいました。

 

 私の車のナビゲーションは違う道を勧めたのですが、事前にプリントアウトしておきました遠山郷のロードマップの道の方がよくわかりました。

 

 飯田インターチェンジから上村までの道はとても走りやすい道です。

 

 

 道路の高低差が大きいのでループ橋となっているところです。

 

 

 

 ただ、国道152号線から下栗の里までの道はすれ違いもできないような道幅のところもありました。

 

 幸いにもすれ違ったのは1回だけでしたから問題なく行くことができました。

 

 また土曜日ということもあり、地元のボランティアと思える方が通行車両を誘導してくれました。

 

 下栗の主要部は車のすれ違いができないのですが、ボランティアの方によって行きと帰りのルートが違うように誘導をしてくれていました。

 

 ルートの概要はこちらでわかってもらえるのではないでしょうか。

 

 下栗への道の分岐点

 

 

 最初は割と広い道となっています。

 

 

 分岐がありますが、ココは右側に向かいます。

 

 ここから道は狭くなりすれ違いができない場所がでてきます。

 

 そのため、左側の道は下りの際に利用する道となっているのです。

 

 

 かなり道幅は狭くなってきました。

 


 

 民家が見えてきますと、迷いやすいところには標識があります。

 

 

 

 里の中は道が狭いのは軽自動車との道幅でわかっていただけるのではないでしょうか。

 

 

 ここを右折すれば駐車場はすぐです。

 

 

はんば亭前駐車場のようす

 はんば亭の前の駐車場の位置はスタッフの方が誘導してくれます。

 

 駐車料金は無料ですが、駐車場には寸志の募金箱はあります。

 

 観光案内所もあり、パンフレットも置いてありますが係員が居ません。

 

 駐車場の方に聞きますと天空の里ビューポイントへの道やしらびそ高原までの道のルートは教えてくれます。

 

 

天空の里ビューポイントへの道

 駐車場から天空の里ビューポイントまでの道を係りの方に聞きますと、舗装道路を5分行き、山道を15分歩けば行けるとのことでした。

 

 駐車場からしらびそ高原方面に行く道を左に歩いていきますと、ビューポイントへのトレイルへの入り口です。

 

 

 ここから整備された道を15分ほど歩きます。

 

 少しの傾斜や水平に歩くことがほとんどですが、一部が傾斜があり、少しすべりやすいので注意が必要です。

 

 登山経験者の我が家にはまったく快適な道ですが、山歩きをされたことが無いかたには少し気を使うかもしれません。

 

 

 

この様に歩きやすい道の整備は大変だと思いましたので、募金箱には500円を入れさせて頂きました。

 

 

 

 森の緑が綺麗な道を歩きます。

 

 

 

 こちらがビューポイントの展望台です。

 

 

 

 

 私たちが行った時もウエッジソールのサンダルで歩いていた方もいましたが、できればスニーカーをお勧めします。

 

 20分ほどを歩きますと展望所に到着しますが、とても良く整備されていますので、快適なトレイルでした。

 

 

 ルートの様子を動画で見てください。

 

 

 

 

 これがチロルのような村です。

--------- スポンサードリンク ---------

はんば亭で昼食

 下栗の里には11時頃着いたので、先に天空の里ビューポイントへの道に行きました。

 

 そのためはんば亭には12時頃に行ったのですが、残念ながら土日限定の下栗の手うちそばはありませんでした。

 

 そのため我が家は天空そば定食にしました。

 

 蕎麦の食感は意外に蕎麦の割合が高いように感じたのですが、素人の感想ですから。

 

 シミ豆腐の味付けもよかったですし、コロッケも美味しく頂きました。

 

 

 

 

 

 こきびご飯も美味しく頂くことができました。

 

 ソフトクリームも頂いたのですが、ソフトが傾いていたのも面白く頂きました。

 

 

 販売所も併設されていましてお土産品も販売されていました。

 

 茹でたトウモロコシも販売されていました。

 

 トウモロコシ畑がありましたので、下栗産のものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

散策しました

 日本のチロルを散策したのですが、チロルのような写真も撮ることができました。

 

 

 

 

 

 

 すぐ近くの無人販売所にはズッキーニが販売されていました。

 

 

 

 そして山のみのりやというお店があり、手造りの木工製品が販売されていました。

 

 

 

 食いしん坊の私は下栗のいもが気になってしまいました。

 

 このイモは茹でた後にトースターで焼きますと皮がとても美味しいそうです。

 

 ラクレットで食べるために2個を購入しました。

 

 下栗の里でしか採れない伝統野菜の下栗いもを買って帰りさっそく食べてみました。

 

 売店で皮が美味しいといわれましたので、むかずにきれいに洗って蒸してみました。

 

 蒸しあがった下栗いもを食べた感想はジャガイモではなく、さつまいに少し似た濃厚なイモの味がするのです。

 

 今回は日本のチロルから買ってきたことからチーズフォンデュでいただきました。

 

 チーズの味に負けないイモの美味しさを味わうことができて、とてもおいしく頂きました。

 

 3人で700グラムも食べてしまいました。

 

 お土産として下栗いもはとてもおすすめです。

 

 

しらびそ高原へ

 下栗からかぐらの湯に行こうとしたのですが、下り道の分岐にいた方偶然道のことを聞いたのですが、しらびそ高原に行っていないといいますと、「こんな日にこんな車に乗っているならしらびそ高原に行かなもったいない!!」と言われましたので急遽行くことになりました。

 

 ちなみに我が家の車はランクル系の4駆です。

 

 それであればとUターンをしてしらびそ高原に行きました。

 

 下栗の里の駐車場の下にいた交通整理のおじさんに勧められてしらびそ高原に行くことになったのですが、この後かぐらの湯にも行くと言いましたら、観光ルートが反対になってしまったねと言われました。

 

 飯田インターから通行無料の三遠南信自動車道の矢筈トンネルを抜けましたら、すぐの道を曲がりしらびそ高原に向かいます。

 

 その後南アルプスエコーラインを通り、下栗の里へ向かいます。

 

 下栗の里から国道152号線に下り、和田に向かうルートが良いと言われました。

 

 下栗の里からしらびそ高原に向かう中間点ほどまではかなり道幅も狭く、すれ違いができない道路が続きます。

 

 幸いその地点でのすれ違いは1回のみで済みましたが、すれ違いができる場所はあまりありません。

 

 さらにしらびそ高原まで進み、サンセットポイントを過ぎて隕石クレーターに近づきますと、かなり道は良くなってきます。

 

 しらびそ高原からの下り道は下栗からの上りに比べますと道幅が広いので、こちらは楽に国道まで下ることができました。

 

 しらびそ高原は高地の高原といった気持ちの良いところで、体がさらさらになったことから「温泉に行かなくても良いかも」といった意見も出ました。

 

 

 

 この場所から家族に電話したのですがauとドコモは圏外となっていました。

 

 ソフトバンクは普通に通話ができましたが、山間部に行く際には複数の携帯を所持するのがお勧めです。

 

下栗の里からしらびそ高原までの道は南アルプスエコーラインというのだそうですが、道の狭いところもありましたが、高原を感じられるドライブルートでした。

 

 大体このような細さの道で、ところどころにすれ違いができるところがあります。

 

 

旧木沢小学校へ行きました

 私たちが子供の頃にお世話になった木造の校舎が観光できるということで旧木沢小学校へ行きました。

 

 国道152号線には手造りの看板がりますので、場所はわかると思います。

 

 小学校の出入り口には校長が迎えてくれました。

 

 

 

 

 

 中は私たちが幼い時の木造の小学校そのものの様子でした。

 

 図書館や足踏みのオルガン、人体模型のある保険室?などもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 展示物もごちゃごちゃあったのですが、一番よかったのはシンプルに昔ながらの木の机が置いてありました教室です。

 

 

 展示物はとても古いものもあり懐かしいものもあったのですが、ごちゃごちゃしすぎていてせっかくの昭和の学校の良さをスポイルしていると個人的には感じました。

 

 昔運動会で使った玉もあり懐かしかったので、多くの展示より昔のそのままを残していただければ、タイムスリップできたかなと思います。

 

 でも、こんな小学校を残して頂いたことには感謝します。

 

 駐車場については旧木沢小学校の駐車場は道路から坂道を上がり、校庭に駐車をします。

 

 雨の日には校庭に上る坂道の手前に雨天用の駐車場があります。

 

 

 校庭への道は152号線から入る場合は和田方面から入るのではなく、反対から入った方が急旋回しなくても校庭に行けますのでおすすめです。

 

かぐらの湯

 その後には道の駅にありますかぐらの湯に行きました。

 

 

 

 浴場は撮れませんでしたが、とても整った温泉でゆっくりさせて頂きました。

 

 源泉を飲むことが出来ましたがしょっぱい味が疲労回復に効きそうでした。

 

 打たせ湯や、奥深い山並みを見ながらの露天風呂は最高でした。

 

 女性の浴場にはミストサウナや箱蒸しがあるのです。

 

 脱衣所にはスチールロッカーもありますので、貴重品も安心と思いました。

 

 温泉内には売店や食堂もありました。

 

 

 

 味気ないと言われるかもしれませんが、貴重品があった場合には安心なロッカーです。

 

 

 バブルの寝湯ですね。

 

 

 洗面所はドライヤーのみです。

 

山肉のスズキヤ

 お土産として山肉を買おうとスズキヤに行きました。

 

 かぐらの湯から左折して、橋を渡り旧道を右折してしばらく進みますと右手にあります。

 

 店の前には小さな駐車場がありますが、停めることは出来ませんでした。

 

 向いの道路にハザートを付けて停めましたが、お店の方はこの地区ではまったく問題ないと言われました。

 

 通常の肉と共に山肉が販売されていました。

 

 お目当てであったしか肉の刺身をこ購入することができました。

 

 

 

 

 

 鹿肉の刺身は今回購入したもので1600円ほどとなります。

 

 

 その他にもいのししの肉としか肉のジンギスを購入したのですが、いのししの方が脂があり美味しいと言われました。

 

 山肉好きな方にでしたらいのししが良いそうです。

 

 うさぎの肉も勧められましたが、残念ながら在庫を確認しましたら無かったとのことです。

 

 かぐらの湯でもらった地図では場所がちょっとわかりにくかったのですが、かぐらの湯を出て右折して、橋を渡りましたら右折します。

 

 

 鹿肉の刺身を食べた感想は次です。

 

 冷凍された鹿刺し用の肉は、冷凍庫から食べる時間の4時間前に冷蔵庫に移して解凍を行いました。

 

 常温での解凍はせっかくの肉から美味しさの成分がドリップとして流れ出ていってしまうことから、風味が格段に落ちるのでやめましょう。

 

 4時間経過した鹿の肉の周りは解凍され、中心部は少し凍った状態でした。

 

 この状態ですと包丁で切るのも簡単です。

 

 

 薄く切ることもできましたが、生肉の美味しさを味わうために、少々厚切りとしました。

 

 生姜醤油で食べますとまったく山肉の臭さもなく、美味しく頂くことができました。

 

 

 

 味は馬肉に似ていると思いました。

 

 260gありますと3人分から4人分で、鹿の肉の刺身を堪能できるのではないでしょうか。

 

 お店の方にも言われましたが、生肉を食べるのはあくまでも個人の責任において食べることになります。

 

 個人的にはとてもきれいな赤身の肉を頂くことができて、とてもおいしかったのでリピートしたいと思います。

 

 鹿の刺身と鹿のジンギス、猪のジンギスで4,000円少々のお値段で頂きました。

 

 

 

スポンサードリンク

愛知県から日帰り旅行ドライブと温泉で下栗の里としらびそ高原とかぐらの湯について関連ページ

南知多の花乃丸に泊まって宴会をしてみた私の口コミ
行楽で知多半島の花乃丸に宴会で泊まってみて感じた口コミ情報
湯谷温泉鳳来ゆ〜ゆ〜ありいなに日帰り入浴と食事で旅行気分
湯谷温泉にあります鳳来ゆ〜ゆ〜ありいなで食事と日帰り入浴を楽しんできました
駒ヶ根温泉の山野草の宿二人静に宿泊した写真と感想
駒ヶ根市の早太郎温泉の山野草の宿二人静(ふたりしずか)に宿泊した写真と動画と感想
南知多温泉郷の海栄館 鯱亭の料理とお風呂と感想
南知多温泉郷の海栄館 鯱亭の料理とお風呂と感想
白馬グリーンプラザに宿泊した感想について
口コミや宿泊者の評価が高い白馬グリーンプラザに宿泊した感想について
愛知県から粟津温泉に1泊2日の温泉旅行に出かけました
愛知県から北陸の加賀温泉郷にある粟津温泉に1泊2日の温泉旅行の様子について
粟津温泉 法師に素人調査隊が宿泊した感想
加賀温泉郷の中にある粟津温泉の法師に素人調査隊が実際に宿泊した感想と個人的クチコミ
名鉄犬山ホテルで犬山グルメの有楽でランチはとても良かった
名鉄犬山ホテルで犬山グルメの日本料理有楽(うらく)でランチはとても良かった
愛知牧場の休日のアクセスと駐車場利用のお勧めについて
動物と触れ合える親子連れに人気の愛知牧場へ行ってきましたので、駐車場とアクセスについて
愛知牧場の動物ひろばでたくさんの動物と遊んできました動画です
愛知牧場にうさぎなどたくさんのどうぶつにエサをあげて遊んできました
航空自衛隊小牧基地の大型破壊機救難消防車a mb 3
航空自衛隊小牧基地の大型破壊機救難消防車a mb 3を見てきましたので、様子や動画をおくります
西浦温泉 銀波荘のお風呂と部屋と食事のブログです
西浦温泉 銀波荘のお風呂と部屋と食事について画像と動画などでお伝えしている個人的クチコミのブログです
出雲大社観光にJTBのフリープランの出雲路 松江・玉造温泉で行きました1日目について
名古屋からJTBのフリープランツアーの出雲路 松江・玉造温泉で松江、出雲大社観光と玉造温泉を楽しんだ様子のブログで、岡山駅でやくもへの乗り換え、松江のランチと観光についてお伝えします
出雲大社観光にJTBのフリープランの出雲路松江・玉造温泉で行きました2日目について
名古屋からJTBのフリープランツアーの出雲路松江・玉造温泉で松江、出雲大社観光と玉造温泉を楽しんだ様子のブログで、玉造温泉の長楽園での宿泊、玉造温泉から出雲大社までのバス、出雲大社観光と帰路についてお伝えします
岡崎のカクキュー八丁味噌の郷の見学した様子について
岡崎のカクキュー八丁味噌の郷を見学した時の様子とお土産についてお伝えします
可児市の花フェスタ記念公園のバラの見頃に行ったバラの様子やランチなどについて
岐阜県可児市の花フェスタ記念公園の駐車場やバラの見頃の様子や昼食のレストランと公園を見て周ったルートについてお伝えします
愛知県からの日帰り温泉のひまわりの湯の温泉と食事と月瀬の大杉と猿投の桃の直売について
長野県の信州平谷温泉のひまわりの湯に行ったお風呂の感想と、ひまわり亭での食事、割引券、近くの蕎麦屋の場所と、立ち寄ったネバーランドや月瀬の大杉、猿投で桃の直売所についてお伝えします
西浦温泉の絶景の宿の天空海遊の宿 末広の温泉や食事と部屋について
愛知県の西浦温泉の展望露天風呂が人気の宿の天空海遊の宿 末広に泊まった個人的口コミと感想とアメニティについてお伝えします
東京ステーションホテルの部屋の様子とアメニティについて
東京ステーションホテルの部屋の様子と個人的くちこみとバスアメニティと行き方についてお伝えします
大阪で時間つぶしの観光に1時間であべのハルカスに行ってきました
大阪で時間つぶしの観光に1時間であべのハルカスに行ってきた内容と、新幹線の新大阪駅からのアクセスについてお伝えします
関宿観光で町の様子とお店と駐車場と名阪関ドライブインでの食事について
三重県亀山市関宿観光で町の様子とお店と駐車場とトイレと名阪関ドライブインでの食事についてお伝えします
リニア・鉄道館は鉄道オタクではなくても昔の新幹線の車両展示などで楽しめました
リニア・鉄道館は鉄道オタクではなくても新幹線の0系と100系の食堂車など昔の新幹線の車両展示などと食事ができるコーナーなどについて
和倉温泉の加賀屋の雪月花で泊まった部屋と料理と温泉について教えます
和倉温泉の加賀屋の雪月花に社員旅行で行った際に泊まった部屋と宴会の料理と温泉についてお伝えします
JR東海の博物館 リニア・鉄道館で販売されていて食べた駅弁のお弁当について
JR東海の博物館 リニア・鉄道館のデリカステーションで販売されていて食べた駅弁のお弁当についてお伝えします
内藤記念くすり博物館に行ってきて良かったので見どころをご紹介します
岐阜県各務原市にあるエーザイ川島工園にある内藤記念くすり博物館に行ってきて良かったので見どころをご紹介します
名古屋の安産祈願で有名な塩釜神社の戌の日の混雑状況と駐車場について教えます
名古屋の安産祈願で有名な塩釜神社の戌の日の混雑状況と御祈祷料などについてと、駐車場について教えます