---- スポンサードリンク ----

形が変えられるのが便利

 子供の赤ちゃんを預かるときに部屋には家具が置いてありますので、テーブルの角でぶったりしないようにベビーサークルを購入しようとさがしました。

 

 トイザラスや赤ちゃん本舗に行ったのですが良いものが見つかりませんでした。

 

 そんな時に西松屋に行きましたらオリジナルのベビーサークルのMy Happy Placeというものがありましたので購入して帰りました。

 

 さっそく部屋で組み立てたのですがサークルが小さくてオリのような感じの大きさに感じました。

 

 これでは赤ちゃんがサークルの中で遊ぶことは出来ません。

 

 どうしようかと考えたのですが、このサークルは買い足せばつなぐことができるのでもう1セット買いました。

 

 もちろんぐるりと回さなければ自立できないところもありますので、その変は家具にヒモで結んで固定しました。

 

 そうやって利用したことにより、部屋の中央に赤ちゃんの遊ぶ大きな場所を確保することができました。

 

 ちなみに西松屋の店舗ではサークルの金額は9,979円でした。

 

 実はネットの通販では送料込みでこれよりも安価で購入することができると後で知ったのです。

 

 購入したいと考えている方はどちらが安いか調べると良いと思います。

 

 パネル1枚の大きさは長さが76cm、高さが60cmとなっています。

 

 我が家はこれを3枚つなげて使っています。

 

--------- スポンサードリンク ---------

キッチンには標準サイズのサークルを設置

 我が家はダイニングキッチンが1階にあり、赤ちゃんがあそぶ部屋は2階ですから、食事の用意などする際にダイニングキッチンに連れてくる必要があります。

 

 そのためダイニングキッチンにもベビーサークルを置いています。

 

 ダイニングキッチンで食事の準備をする短い時間だけですから、このように小さいサークルでも大丈夫です。

 

 赤ちゃんはサークルにつかまり立ちをしてこちらを見ています。

 

 キッチンにある長方形のサイズは150cmと76cmとなっています。

 

つかまり立ちには最適です

 サークルの厚さは3cm、高さは60cmほどですから、赤ちゃんがつかまり立ちするにはベストのサイズです。

 

 サークルの近くまではいはいしてきてサークルの横でおちゃんこして、サークルをつかんで立ち上がりますと嬉しそうです。

 

 そのうちサークルでのつかまり立ちはしなくなってしまいますので、その姿を楽しめるのはほんの一瞬だと思います。

 

 それでもそういった姿を見ることができるのは良いことです。

 

 木製のサークルよりもこちらの方がつかみやすいのではと思います。

 

スポンサードリンク

部屋に合わせて使える 西松屋のベビーサークルMy Happy Placeは便利でした関連ページ

赤ちゃんを迎えるためのベビーカーを我が家が選んだ基準についてお伝えします
孫のベビーを迎えるために、我が家が散歩用にベビーカーを選んだ基準とポイントについてお伝えします
1才児の赤ちゃんが喜んで遊んだのは知育玩具のやみつきボックスというおもちゃでした
子供の赤ちゃんの面倒を見る時に、喜んで自分から遊んでくれた知育玩具のおもちゃはローヤル やみつきボックスII知育玩具というおもちゃでした
チャイルドシートは専門店スタッフにパミオウーノを勧められましたので購入しました
チャイルドシートは専門店スタッフにリーマンのパミオウーノを新生児から4歳頃まで使用可能ということとインナーパッドの良さで勧められましたので購入しました
赤ちゃん用の食事に使う椅子を購入しました
赤ちゃん用の食事に使う木製とスチール製の高い椅子と低い椅子を購入する選び方と使ってみた感想についてお伝えします
赤ちゃんの転落防止に階段に設置するベビー柵ゲートを西松屋で格安に購入しました
赤ちゃんの転落防止に購入した階段に設置するベビー柵ゲートを西松屋で格安に購入しました感想と設置についてお伝えします
赤ちゃんの階段から落下防止に柵ゲートを追加で購入し取り付けました
孫の赤ちゃんが階段から落下しないように階段の場所に木製の柵ゲートを追加で購入し取り付けました
アンパンマンのミュージックショーは子供に大人気でした
アンパンマン たのしくレッスン! いっしょにステージミュージックショーを買ってあげたら1歳の子供に大人気でした
赤ちゃんが遊ぶ部屋にジョイントフロアーマットを敷いてみたらとても良かった
赤ちゃんが遊ぶ部屋にフローリングの床の上にカインズホームのジョイントフロアーマットを敷いてみたらとても良かったのでお伝えします
孫の赤ちゃんを預かるには日頃の生活のタイムスケジュールをもらうと便利
孫の赤ちゃんを預かるには日頃の生活のリズムを知ることができる簡単なタイムスケジュールをもらうと便利なのです
ワンワンとうーたん おりたたみロングスロープ ジム プラスを購入した感想
子供のために室内のジャングルジムと滑り台が付いたワンワンとうーたん おりたたみロングスロープ ジム プラスを購入し、組み立てた感想と折りたたんで収納する様子についてお伝えします
孫を預かった様子を気が付いた事を書いたメモ日記で成長の様子や気が付いたことを伝えました
息子の子供の1才という一番良い時の孫の成長や日々の様子を、しっかり伝えたいと思い、気が付いたことをメモ日記のように書とめました
風邪を引いて鼻水が出ていた孫の面倒を見る時には鼻水取り器がおすすめ
風邪を引いて鼻水が出ている時に預けられた孫の面倒を見るのは大変でしたが、鼻水取り器がありましたので楽にしてあげることができました